FC2ブログ
馬鹿真面目 in Blog
日記変わりに色々と書きたいと・・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
見事な靴攻撃回避
昨日のブッシュ大統領のニュースを見てビックリしました。
あの華麗なかわしっぷり!

大統領就任からいつ物が投げられても大丈夫なように
日々イメージトレーニングしてたんじゃないか?
って思ったくらいですからね。

さて、ここから先は私の個人的な意見を書こうと思いますので、
興味の無い方は無視してください。

この騒動は記者席にいたイラクのテレビ局員。アメリカ主導による戦争が始まり記者として一人の人間として悲惨な光景を見てきたのだろう。
そんな中、戦争を引き起こし任期修了間近で「やりきったぞ」と言わんばかりの当事者の顔を見ていて我慢が出来なかったのだろうと思う。

アラブ社会では「靴底」とは最大の侮辱を意味するらしい。
靴を投げたのは、そういう意味で投げたのかペンより当てやすいと思って投げたのかは不明だが・・・。

この記者は拘束され尋問中という事だが、「英雄的行為」として喝采されており早期釈放を求めデモまで発生している。アメリカが約束した「民主主義や言論の自由」を理由に。
そんな言葉を理由にするのであれば、記者としてテレビ局員として「言葉」を使ってブッシュへ詰め寄り世界へ報道するのが「言論の自由」ではないだろうか?この記者がしたことは靴を投げるという「暴力」であり公的な場での「傷害未遂」だと思う。
個人の感情としても「英雄的行為」と喝采される事は理解できるし、一国の大統領の怪我より失った命の方が重いのは分かるが、この記者に対しては、しっかりと尋問し懲罰するべき。でなければ、ブッシュがイラクに対して行った「暴力」を「暴力」で返すのと同じになってしまう。

この国も首相が「政局より経済対策を優先」と言いながら何もかも先送りして支持率も低下。同じような事が起きなければ良いですがね。

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kayoEgawa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。